旭川市で股関節痛や腰痛ならひじり野整骨院

股関節痛の治療

一般的な治療法としては「手術(人工関節)」「運動(肥満防止·解消·股関節周りの筋肉を鍛える)」「痛み止めの注射·服用」「温熱療法」「電気療法」「湿布」などになります。生まれつきの変形性股関節症などには、手術をすることが多いですが、関節がすり減っていたり、関節の滑りが悪い場合だと保存的療法(手術以外)を勧められることが多いです。尚、痛みが激しいからといって、安静にしてばかりでは、股関節周りの筋力が低下することも多く、ほぼ必ず、運動は必要とされるでしょう。

当院の股関節への治療法

学生時代に股関節を痛め、病院からは「負担をかけないこと」「デスクワークの仕事をすること」と言われ、治療法としても「薬」「車いすでの生活」「人工関節の手術」を勧められました。状況的には「今すぐ手術」というレベルでした。しかし、手術の説明を受けた際に、感染リスクや今後の生活なども考えて見送りとすることに。その後、整形外科で働き始めたのですが、立ち仕事ですので負担がかかり、股関節が上がらなくなってきて、伸ばしながらの生活。痛み止めのロキソニンを飲み過ぎて胃が荒れ、痛みを庇って歩いてたので骨盤がずれてびっこをひいて歩くようになってしまいました。「これじゃいけない」と思い始めたのがボクシング。「体重」と「筋力」のコントロールです。最初はとてもきつかったですが、3ヶ月もすると筋肉も付いてきて、朝起きた時の痛み(起きた時は歩けなくなるぐらいの痛みがしばしばでした)が和らいできました。そこから筋力の維持·左右コントロール·ストレッチ·マッサージを行い今に至ります。人にもよりますが、痛みは「筋肉でカバー」できるところが多いのです。歩くのがやっとだった自分が小走りが出来るまで改善できた経験を基に、以下の内容で皆様の股関節の痛みをサポートさせていただきます!

筋肉にアプローチ

まずは股関節の可動域を広げるために手技で筋肉をほぐします。

状態に合わせて超音波なども使用

手技が届かない筋肉には超音波などを使用し、より深い筋肉もほぐしていきます。

姿勢や筋力強化の指導

ほぐしただけで良くなるわけではなく、「これからどうしていくのか」がとても重要です。その為、姿勢や筋力強化の指導も行い、再発を防ぎます。

施術までの流れ

  • FLOW
  • 01

カウンセリング・検査

当日の体の状態やこれまでの経緯を聞きます。痛みの多くは過去にあることが多く、「こんなこと関係ないかも」と思われることも遠慮なくお伝えください。お聞きした内容を基に痛みや不調の原因を特定するための検査を行います。

  • FLOW
  • 02

姿勢分析撮影・説明

立った状態で4方向写真を撮らせていただくことで、身体の重心からどのくらいずれているか、筋肉の緊張度合い、姿勢からくる症状のリスク指数をあなたに提示します。カウンセリング、検査、姿勢分析撮影で判明したことを説明致します。

  • FLOW
  • 03

施術

施術は全て院長が担当しますので、マニュアルに沿った流れ作業ではありません。あなたの身体に合わせて、あなただけの施術を行います。痛みを伴う施術はありませんが、もし痛みがあったり、施術を受けている体勢が辛かったりしたら遠慮なくおっしゃってください。臨機応変にベストな施術を行うことをお約束致します。

  • FLOW
  • 04

施術後の説明

家でできるストレッチやトレーニングなどの説明をして、資料をお渡しします。ご不明なこと、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。今後の施術計画を伝え、次回来院日を決めていただき、終了になります。

※初めての方と月初めは保険証が必要になります(保険証を変更した場合は必ず持参してください)※予約制になります。初めての方はお電話にてお問い合わせください。

股関節痛・腰痛は「ひじり野整骨院」にご相談ください!

予約制

平日 9:00-18:30/火曜 9:00-14:00

時間外:18:30-21:00

定休日:水曜日

TEL

ご予約の際は症状を事前にお申し出ください。

0166-83-2227

ページ上部への矢印